FCPXML creative tools

Reference X

FCPXMLをシンプルに可視化

ソースファイルをビューワに表示、CSVのエクスポート、簡単にファイル収集。



FCPXMLのためにデザイン
Reference XはFCPXMLを扱うために作られています。FCPXMLからソースファイルの情報をリスト化します。FCPXMLはApple Final Cut Pro、Blackmagic DaVinci Resolve、Autodesk Flame、LumaTouch LumaFusionから書き出し出来ます。FCPXMLはFinal Cut Proの編集情報を受け渡しするためのAppleが用意したシンプルなXMLフォーマットです。


design for FCPXML.

Visualize fcpxml.

プロジェクトを可視化
FCPXMLには沢山の編集情報が記録されています。Reference Xでは、それらの情報をわかりやすく見えるようにしました。プロジェクトが複雑で問題のフッテージを見つけることができないとき、Reference Xはその複雑な作業がシンプルになるように素材が見えます。ファイルが存在していればオリジナルメディアもプロキシメディアも再生可能です。

簡単なファイル収集
プロジェクトで使われているソースファイルはストレージのあらゆる場所にいます。Reference Xはディレクトリ構造を維持したままコピーします。プロジェクトを移動させたり、アーカイブしたり、レストアしたりするときに、ディレクトリ構造が維持されていることはとても重要です。


Easy collect files.

File path generate to CSV.

全てのファイルパスをCSVに出力
Reference Xは、ソースリストをCSVに出力できます。すべてのメディアのファイル名、ファイルパス、ファイルサイズ、ファイルタイプ、元のソースディレクトリのパスとコピー後のディレクトリのパス(元のメディアとプロキシメディアの両方)が含まれます。また、コーデック情報、デュレーション、オーディオ情報、Final Cut Pro Xのライブラリでの使用の有無も含めれます。

プロジェクト解析
ファイルの状態をビジュアルに確認することができます。Finderを開いて一つ一つを確認する必要はありません。アイコンの色がファイルの存在を教えてくれます。


Analyze your project



プロのためのツール

クリエイティブツールとしてデザイン
Reference Xはプロアプリケーションとしてデザインされています。連携する他のプロアプリケーションと親和性の高いデザインにしました。GUIのデザインは我々のコンセプトにとって非常に重要です。

ビジュアルビューワ
選択した画像や動画ファイルをビューワで再生できます。ビューワはPro ResやMXFのようなプロが使うコーデックをサポートしています。
Pro Video Formatsの詳細についてはサポートページをご覧ください。

Apple Afterburnerへ最適化
AfterburnerはCPUパワーを使うことなくProResをデコードしシームレスに再生させます。AfterburerはMac Proに追加することが可能です。

Touch Barからアクセス
Touch BarはMacBook Proのためにデザインされています。Reference XではTouch Barから各機能にアクセスできます。

DaVinci Resolveによる連番ファイルの再生をサポート
DaVinci ResolveはFCPXMLに連番ファイルを記録します。DaVinci Resolveでしか機能しません。Reference Xではこれらの記録されたファイルも書き出すことが出来ます。

LumaFusionのFCPXML
iOSからMacへのビデオワークフローやアーカイブを加速させます。LumaFusionを使ってiPhone、iPadで編集し、MacにあるFinal Cut Proで最後の編集をする前に素材の状態を確認することが出来ます。

Reference X のデータフロー


Final Cut ProとReference Xを使ったプロキシワークフロー


下記のクリエイティブツールと連携してワークフローを支えます。



fcpxml creative tools